毛力添えものとして、大切な機能をもつ洗いには「石油類」「石鹸類」「植物由来アミノ酸類」があります。

これらの洗いには、別個印象がありますので狙いはもちろんですが、マンネリによって選ぶことが大切です。

その仲間「植物由来アミノ酸類」もののなかに馬油による洗いがあります。

馬油は、昔から民間治療薬としても注目されてきましたが現代も、スキンケアにも役に立つ結果鋭敏スキンの女子などの間でも人気になっています。

洗いには、紳士毛力添えものの印象がありますが女子や子どもなど、老若男女関係なく使うことができます。

馬油は、不満杯脂肪酸が多いことや人間の皮脂という所作。二度と、普及スキルが激しいことでも注目されています。

特に、洗いにそれらの印象が言えるのには、「こうね馬油」が使われていることが関係しています。
たてがみの下における「こうね」には、「α-リノレン酸」が多く「こうね馬油」がチョットしか採取できないことからも大変希少特長があるのです。