あたしは毎晩お酒を呑むので、肝臓や腎臓は大丈夫なのか心配な時があります。1度、友人と居酒屋で盛り上がりお酒を呑み過ぎて、クリニックに運ばれたこともあります。

軽度焼酎中毒になった時は、さすがにお酒を控えようと思いましたが、どうも閉めれません。焼酎は体躯に酷いのはわかっているのですが、自分の運命の中で焼酎がない運命が考えられません。

但し、このままでは良くないと願い、ネットで焼酎はどれくらい体躯に害を及ぼすか調べてみました。

お酒はうつ病や掲載症、がんや痛風にも影響があります。中年の時から大量の焼酎は高齢になると掲載症のリスクが高くなります。但し、掲載症の場合は、飲まない個人から少々焼酎を飲み込む人のほうがリスクが低いそうです。

焼酎で齎すがんも恐いだ。焼酎本体にも発ガン性がありますので、お酒のか弱い個人はがんの恐怖が上がるので飲まない方がいいだ。

ビールはプリン体躯が入っているから痛風になりやすいと言われています。最近では、プリン体躯ゼロのビールも一心に売られていますが、焼酎が入っていたら大して意味がないのです。

焼酎自体が新陳代謝なる過程でプリン体躯を生み出してしまう。なので、焼酎自体が痛風の原因になります。

ネットで調べてみて、思ったことは焼酎は呑み過ぎると体躯に害を及ぼすことがわかりました。多少なりともお酒の嵩を減らそうと頑張ってみます。www.timetowerlv.com